QLOOKアクセス解析

/(ノ;;`x´)ノ うさお必死。 \(・w・)/

大航海時代onlineのブログです。でもリアル日記のほうが多いです。心は二次元で生きていきたいです。

Entries

むそ、新聞博物館へ行く。



少し前のことですが、横浜の新聞博物館に行って参りました
http://newspark.jp/newspark/

地下鉄の日本大通り駅直結です


新聞の今昔を展示してある博物館です
好きな人にはたまらない、つまんない人にはつまんない、そんなマニアックな異空間

むそが訪れたときは平日だったためか、がら空きでした(笑


詳しい展示内容は↑リンク先をご覧いただくとして
ふるーい新聞から現代にいたるまで、ずーっと色んな解説とともに並んでいるわけですよ
中でも目をひくのは、戦争や天災のときの新聞

ほら、先生、あれですよあれ
二次大戦やらなんやらのときってさ、日本まじ強い!やばい!勝てるww ってな記事が横行しちょったとかよく言うじゃないですか
それはやっぱり事実だったんですよ
私だって海戦のときは、PSYJMSDFが沈んだだけだ!ひるむな! って適当にパソコンの前で一芝居打ってますからね
ひるんでるけどね


そんなのを眺めながら、場所は二次大戦関連の少し手前、関東大震災の展示付近で、
むそのカモノハシのような足が歩みを止めました

そこにあったのは朝日新聞の当時の一面でした

これねこれ
http://newspark.jp/newspark/works/yokoso/pdf/a_002.pdf

たとえば阪神淡路大震災のとき、当時高校生だったむっそが朝6時に起きた時は、もうテレビで報道されておりました
ヘリからの映像を見た気がするよ

でも大正12年
そんなスピーディーな報道はできないわけで
じゃあどうしたかって言うと、↑の通り、人力ですよ

東京から大阪まで行って、大阪の新聞社で新聞を作ったのですよ

9月1日の震災後数時間、各社あちこちで写真を撮り、当時はまだ大きく重いかさばるカメラ一式をかかえ、車で東京を出発
どの新聞社も数班にわけて大阪を目指したようなんだけど、
最初に到着したのが朝日のこの福馬謙造さんだったようなのです

関東大震災って東京でのことが結構話題にのぼりますけど、地味に神奈川が最も被害を受けちょるけん
神奈川に入ってからが大変だったようです

車で朝日新聞社を出発

迂回に迂回を重ね、神奈川県の座間市に入るも、相模川の橋が落ちてたので車を諦め徒歩にシフトチェンジ

当初は3人か4人のチームだったけど、家が心配だったりの人が次々と離脱

座間から厚木~平塚~大磯に到着

大磯あたりで、ありがちな震災ふっかけの高額な馬車?をつかまえ箱根の山越えをめざすけど、あまりの惨状に馬車が進めなくて数kmで終了

たぶん裾野駅まで徒歩

大磯~小田原~箱根の山越え~御殿場~裾野 ←これを徒歩!!! 

この頃小田原駅の先の根府川では
あの有名なこんな事故もあったから
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%B9%E5%BA%9C%E5%B7%9D%E9%A7%85%E5%88%97%E8%BB%8A%E8%BB%A2%E8%90%BD%E4%BA%8B%E6%95%85

こっちの半島方面は壊滅的だったんだろうかね

裾野駅からは貨物列車の貨物車両だったかな、それに乗ったりして大阪についたのが、9月4日の午前
そのまま休むこともせず、震災の詳細と、そして自分の行程を原稿にしたっていうんだから

むっそ、鳥肌が立ちましたよ

もちろんね、各新聞社のスクープ合戦でもあるし、新聞記者本人の欲もあるだろうし
でも確実にあるのは、報道記者としての矜持でしょう?
そして絶対に伝えないといけないっていう使命感、その魂

しかも到着してすぐに新聞記事にできるレベルの文章を書けるってすごくないですか!

かっちり心を捕まれました
もうだめ、惚れた

ああでもほら、途中で離脱した他の記者さんは別に悪くないし、
たまたまこの福馬さんが独身で自由に動けたのかもしれない
他の新聞社もこの後にぞくぞくと到着したようだから、このときに動いたすべての報道さんに、むっそは深く感銘を受けたのですよ
ある記者さんは、高崎まで出て電話で伝えたんだって
東京は電話も電報も何も使えなくて、東京湾だか相模湾の沖合にいた船の無線は使えたんだっけかな
使えてもね、接岸できないしね


この福馬さん
ネットでぐぐると色々と情報が出てきます
このあとは従軍記者にもなってる模様
関東大震災の時の行程も小説や映画になってそうなんだけど、ないよね
もっと詳しく知りたいんだけど、ないのかなぁ


新聞博物館、500円の入場料でがっつり楽しめました
別の階には新聞図書館みたいなところもあって、古い新聞をコピーすることができます

機会があったらまた行きたいなと思ったり思わなかったり誰もつきあってくれないだろうなと現実を見たり



昨今は新聞をとらない家庭も増えているようで
それは仕方ない
でも新聞というのは毎日毎日あの大きな紙に歴史を綴っているのだと思うの

だから発行部数が少なくなっても、どうかこの文化はすたれないで欲しいな

スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

もう少し画像増やしてよ
  • posted by 匿名。 
  • URL 
  • 2015.01/25 17:08分 
  • [Edit]

NoTitle 

唐突にw
なんかさ、最近さ、ipadさんの画像がパソコンに同期されないんだよね
どうしちゃったんだろかね
  • posted by むっそ 
  • URL 
  • 2015.01/26 05:47分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

むっそ。

Author:むっそ。
大航海時代online日記
そして少しのリアル日記
暇を見つけては書き綴っております

大航海時代online
Notos → Eos


!商会員募集中!
Eosイング四つ葉同盟←クリック!!
来たれあらほー!


各務・アズナブル
(かがむそ。)

ミニ各務
うさお必死。
カレッサ

N鯖の各務&N鯖のPSYJMSDF
(ボレアス → Astraios)

東郷平八郎。(休止中)
山本五十六。(休止中)

PSYJMSDFさん(レアなフレさん)
http://psyjmsdf.blog111.fc2.com/

プロフィール詳細はこちら

リンクフリーです
ご一報下されば相互します
(C)2005-2015 KOEI Co., Ltd. All rights reserved


アクセスランキング



[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
24位
アクセスランキングを見る>>

大航海時代Online TBP

DOLブログ更新状況

右サイドメニュー

Twitter

むっそ。 @kagamuso https://twitter.com/kagamuso

別館

/(ノ;;`x´)ノうさお割と必死。\(・w・)/ http://waritousao.blog.fc2.com/
面倒なのでやめました、ええ。

FC2カウンター

最近の記事

月別アーカイブ